マンションは売却金額が一番重要

マンションは売却金額が一番重要

マンションといえば一回の売買だけで何百万何千万という金額が動いてしまうわけですが、買う側よりも売る側の方がよりその辺に注意を向ける必要があります。

 

不動産の取引において個人で利益をあげていくというのは限界がありますので、その仲介として不動産会社を間に挟むことがほとんどなのですが、こちらのマンション売却においてはどうしても売る側にとってのリスクが高いという難点を持ちます。

 

良くある話はマンション売却として提示された値が購入時よりも極端に低いなどです。

 

不動産は価値が常に動き続けていて、建物も老朽化していますから値段が下がることは仕方ないのですが、その鑑定・査定に対して、イエスを出すかどうかは持ち主次第となります。なぜこのような回りくどい話をするかといえば、不動産はバブルの時ほどの価値を持っておらず、変に保持していれば負債となる可能性が十分にあり得るからです。実際にマンション購入はローンで行うのがほとんどであり、良い物件を安くというのは顧客心理としても当然となってきます。

 

そのため、マンション売却で個人の販売額の希望があるのは当然ですが、どの辺に売却金額の折り合いをつけていくのか、もしくは売るか売らないかの判断をしていくのが良いということなのです。